つまらなくて退屈な人生から抜け出す仏教の智慧

つまらなくて退屈な人生から抜け出す仏教の智慧

つまらなくて退屈な人生から抜け出す仏教の智慧

「人間から気晴らしを除いたら、不安と倦怠だけになる」とはパスカルの言葉です。
テレビも、ゲームも、読書も、おしゃべりも、何かしていないと虚しく、退屈で、不安でやりきれないからしているだけの、気晴らしの一種だと言っています。

駅のキヨスクで雑誌が売れたり、プラットフォームでスマホゲームにいそしむのも、ほんの電車を待つ数分の手持ちぶさたに耐えられないから、ともいえます。
「つまんねえ」「なんかいいことない」という若者の声は、この不安、退屈から助けてくれ、とのうめきです。

これをB・ラッセルは「趣味や娯楽は、たいていの場合、根本的な幸福の源ではなく、むしろ現実からの逃避となっている」と言いました。
鋭敏な哲学者たちがぼんやりと気付いている、これら「人生の虚しさ」「漠然とした不安」を、仏教では「無明の闇」といわれます。

仏教では、趣味や娯楽だけでなく、政治・経済・科学・医学・芸術・文学・宗教・法律・スポーツなど、人間の一切の営みは、この人生の虚しさをごまかす努力だ、と説かれます。
国会で論じていることも、ノーベル賞級の研究も、ルーブル美術館の作品も、世界中の宗教儀式も、オリンピックも、宇宙旅行も、国家間の戦争も、あれら全部、人生の虚しさをいかに目を背けるか、のために存在している、だなんて。。。
身もフタもない、衝撃的な釈迦の教えだと思われませんか。

漢の武帝が「歓楽極まりて哀情多し」と詠んだのも、人生の虚しさを感じてのことでした。
苦労してようやく手にした歓び、楽しみなのに、
この虚しさは何だろうと、自己の胸の内を告白しています。
ビートルズのジョン・レノンはこのように言っています。
「ビートルズは、欲しいだけの金を儲け、好きなだけの名声を得て、そして何も無いことを知った」
夏目漱石も死の前年、こう記しています。
「今まで書いた事が全く無意味のように思われ出した」

どれだけのことを成し遂げても埋めることのできない、この得体の知れない虚しさを、どうすれば晴らすことができるのか。
仏教の目的はそこにあります。

—————————————————————–
20回の無料メール講座はこちら
—————————————————————–

↑無料メール講座では、仏教に説かれている「生きる意味」の答えを明らかにしています。
登録された方には、特典小冊子「あなたを幸せにさせない5つの間違った常識」をプレゼント!

—————————————————————–
YouTubeチャンネル登録はこちら
—————————————————————–

—————————————————————–
ブログ 
「生きる意味がハッキリ分かる親鸞の教え」
—————————————————————–

—————————————————————–
自己紹介
—————————————————————–

(自己紹介)
1988年早稲田大学を中退し、仏教講師の道を目指す。
浄土真宗親鸞会で仏教講師の資格を取得、全国各地で公開講座を始める。
2010年からメールマガジンをはじめ、読者12000人の仏教最大級のメルマガ執筆
2014年からは全国をつなぐオンライン講座の動画レクチャーでも活動中。
——————————————————————————-
 プレゼント
——————————————————————————-
◆小冊子「あなたを幸せにさせない5つの間違った常識」  
 

#生きる意味を親鸞に学ぶ無料メール講座はブログから登録ください

ワクワクメールカテゴリの最新記事